特集㉓ 「C作戦」の謀議——法主自らが主導した工作

ライター
青山樹人

西片出張所に集まった7人

 1990年3月。宗門は学会との相談なしに、いきなり法務に関する料金の値上げを発表した。本尊下付の2000円を3000円にしたほか、塔婆供養の冥加料を1000円から2000円に、大過去帳のそれを5万円から10万円にするという、2倍もの値上げだった。
 じつは、前年の3月に宗門は冥加料の値上げを打ち出そうとした。この時は、消費税導入の直後でもあり、便乗値上げと誤解されかねないと学会が難色を示した。
 すると宗門は、「じゃあ結構です」と値上げそのものを引っ込めたのである。そして、1年後、今度は一方的に値上げを決定し、学会には事後通告してきた。
 この1990年は、大石寺の開創700年にあたっていた。
 学会では信徒の誠意として、この佳節を最大限に奉祝すべく、法華講総講頭でもある池田SGI会長以下の首脳陣が陣頭に立って、委員会をつくり準備にあたってきた。
 静岡県男女青年部は大客殿前広場での慶祝記念文化祭を準備し、9月の開催に向けて、猛暑の季節、連日の練習に励んでいた。
 こうした学会員の宗門に尽くす真心の裏で、信じられない謀略が進められていたのである。
 7月16日、東京・文京区西片にあった「大石寺出張所」に、人目をはばかるように高僧たちが集まっていた。ここは、法主が東京に滞在する折に使用する〝専用施設〟である。
 この日、西片出張所で何があったのか。それは、出席していた1人・河辺慈篤(当時・日蓮正宗北海道大布教区長)の直筆メモが、のちに外部に流出したことで明らかになった。
 メモによれば、出張所に集まっていたのは、河辺の他に、宗務総監の藤本日潤、庶務部長の早瀬義寛、渉外部長の秋元広学、大石寺主任理事の八木信瑩、海外部主任の関快道、そして法主の阿部日顕の7人である。
法主を筆頭に、いずれも宗門トップの高僧ばかり。
 河辺メモには、次のように記されている。

 八木、関=池田はダメ。池田を追放すべきだ。など強硬意見が出る

 話題は、池田追放の方向で進められ、猊下、八木、関共に〝池田追放〟で強硬意見

 猊下とは法主である日顕のこと。わざわざ総本山を離れ、余人の近づく心配のない東京の法主専用の屋敷に集結した彼らは、SGI会長を宗内から追放する密談を交わしていたのだ。

学会にも宗内にも極秘の内容

 この日、まず阿部日顕と八木、河辺、関の四人が出張所内で会食をした。
 席上、日顕が4通の「投書」を取り出して見せた。創価学会を脱会した者が書いたらしい投書で、学会や、SGI会長に対する一方的な批判中傷が綴られていた。
 藤本、早瀬、秋元の3人は、その時刻、翌17日に控えた創価学会との「連絡会議」の事前打ち合わせをしていた。彼らはこのあと合流するのだが、この7人によって秘密会議が開かれることとなった経緯を、河辺慈篤のメモはこう記している。

 当初、宗務院全部長、内事部役員が集まり会議を開く予定だったが、河辺が「天下公開で会議を開くようなもの。例のメンバーで会議を開くべきだ」との意見から、猊下、総監、早瀬、秋元、八木、関、河辺のメンバーで西片会議が開かれる

 つまり、本来の正式な会議を開きたかったが、それでは創価学会に会議の中身が漏れてしまう。それで、日顕の信任厚い6人が西片で密談することになったという意味だ。
 すでに十分過ぎる財力を蓄えていた日顕は、大石寺開創700年を区切りに、創価学会の指導者であるSGI会長を宗内から追放し、創価学会を宗門の支配下に置くか、さもなくば解散させようと考えていた。
 彼らの頭には、日蓮大聖人の遺命である広宣流布など微塵もなかった。創価学会のおかげで日本一の隆盛を誇る宗派になった。だが、SGI会長のもと、在家の信徒が真剣に教学を学び、折伏の実践をするのでは出家のメンツが保てない。羽を伸ばして遊ぶこともままならない。
 余計なことをせず、宗門の権威に従順で、黙って供養を差し出すだけの信者がいればそれでいい。あの第1次宗門事件で正信会の坊主たちが考えたことを、今度は法主自らが主導したのである。
 極秘の協議は、学会と宗務院との定期の連絡会議をまたぎ、7月18日午前9時から、今度は大石寺の大書院で開かれた。大書院での開催になったことについて河辺は、

 御前会議が大書院になったのは、当初、大奥洋間、新大奥と、盗聴を恐れて、いろいろ思案の末、大書院となり、あへて障子を全部開放し会議

とメモしている。
 誰かに立ち聞きされないよう、広々とした大書院の障子を開け放って視界を保ち、隠密に話し合いをしたわけである。

「あの野郎の首をはねる」

 会議では、この池田追放の計画を、今後どう呼ぶことにするか相談された。

 河辺=それでは、この作戦はG作戦だ。
 猊下=それは違う、Cだよ(河辺メモ)

 河辺が口にした「G」というのは「学会」の頭文字であった。だが、日顕は「G作戦」ではなく「C作戦」と自ら命名した。Cはカットの頭文字。すなわち、池田SGI会長をカットするという意味である。
 このことは、91年3月に和歌山県・大照寺の大橋正淳住職が日顕に問いただした際、他ならぬ日顕自身が大橋住職に明言した。
 大橋住職は、こう証言している。

 私は、日顕法主が学会切り捨てに使った謀略「C作戦」について、同法主に直接、真偽を問いただす機会があった。日顕氏は、最初しきりに言い逃れを続けていたが、途中で急に「あれはだな、(池田)名誉会長の、あの野郎の首をはねることなんだ」と声を荒げた。そして、自ら〝CUT〟のスペルを手でなぞる仕草をしながら、私に説明したのである。(『創価新報』)

 河辺のメモのとおりである。

 ともかく二十一日の池田の目通り山だ(註・「目通り(が)山(場)だ」)
 もう少し池田の証拠を集めて、C作戦の時を待つ(河辺メモ)

 メモは、日顕らがSGI会長に何らかの仕掛けをして、宗内から追放する計画を練っていたことをリアルに伝えている。
 河辺のメモによると、出席者は全員、SGI会長の追放で一致したものの、その決行のタイミングをめぐっては意見が分かれた。

 特に、猊下は「池田追放」「特財・財務中止」と激しい口調で強調されていたが、河辺が「こんな事を現状の宗門でやったら両刃の剣となる。やるなら、先づ宗門の綱紀を糺し、その上でやるべきだ」と、又、藤本も「投書は伝聞(本人に電話で問い合せ伝聞と分る)であるので、根拠に問題がある」と諫めた結果、猊下及び全員のトーンが下る(河辺メモ)

 日顕が持ってきた脱会者からの「投書」は、根拠のないただの噂に基づいたものであることを当人たちが認めているのだ。
 宗内僧侶の常軌を逸した堕落ぶりについては、7月17日の連絡会議でも、学会側から率直な改善の申し入れがあった。出家の堕落した生活を、在家が注意しなければならないという異常な姿。それすら「信徒の分際で生意気だ」と受け止めていた出家たち。
 日顕が強硬論を引っ込めざるを得ないほど、当時の宗内の僧侶の生活は乱れに乱れていたのである。

※この記事は『最新版 世界広布新時代への飛翔』(青山樹人著/鳳書院)をベースに加筆修正したものです。

【創価学会創立90周年特集】 タイトル一覧(全40回)
特集① 特集②  特集③ 特集④ 特集⑤ 特集⑥ 特集⑦ 特集⑧ 特集⑨ 特集⑩ 特集⑪ 特集⑫ 特集⑬ 特集⑭ 特集⑮ 特集⑯ 特集⑰ 特集⑱ 特集⑲ 特集⑳ 特集㉑ 特集㉒ 特集㉓ 特集㉔ 特集㉕ 特集㉖ 特集㉗ 特集㉘ 特集㉙ 特集㉚ 特集㉛ 特集㉜ 特集㉝ 特集㉞ 特集㉟ 特集㊱ 特集㊲ 特集㊳ 特集㊴ 特集㊵(シリーズ完)

scan-701

『最新版 宗教はだれのものか 世界広布新時代への飛翔』
青山樹人

価格 1000円+税/鳳書院/2015年10月7日発売
→Amazon
→セブンnet
 
 


あおやま・しげと●著書に『宗教はだれのものか』(2002年/鳳書院)、『新装改訂版 宗教はだれのものか』(2006年/鳳書院)、『最新版 宗教はだれのものか 世界広布新時代への飛翔』(2015年/鳳書院)など。WEB第三文明にコラム執筆多数。