コラム」カテゴリーアーカイブ

yuhi

悪質な宣伝工作を許すな――地方政治を利用する手口

ライター
松田 明

識者が寄せる評価

 地方議員と国会議員、あわせて約3000人のネットワークで、人々の「小さな声」を拾い、着実に政策として実現してきた公明党。

 特に公明党には、学校の耐震補強で災害時に児童・生徒を守る政策など、地域レベルと国政レベルが一体となって、社会的に光が当たらない部分に光を当て、隙間を埋めていく地道な活動が目立っています。(川上和久・国際医療福祉大学教授/『公明新聞』3月24日)

 公明党の実績には、多くの率直な評価が寄せられている。 続きを読む

HD114_L

ネットワークの本領発揮――学校の耐震化とエアコン設置

ライター
松田 明

「生命」を守る政党

 内閣府は、30年以内に南関東域でマグニチュード7クラスの地震が起こる確率を70%程度、同じく南海トラフを震源としてマグニチュード8~9クラスの超巨大地震が起こる確率を70%程度と発表している。
 また、近年は毎年のように各地で甚大な豪雨災害が起きている。平成の30年を総括する報道はいずれも、戦争のない時代であったかわりに、多くの自然災害に見舞われたことを挙げていた。
「防災・減災」は、今や日本の政治の重要な課題になっている。
 災害時に住民の避難場所となるのが学校施設だ。 続きを読む

child

子どもの命を守る公明党――児童虐待防止対策を強化

ライター
松田 明

民法が定めた「懲戒権」

 3月19日、政府は閣議で「児童福祉法等改正案」を決定した。この改正案では、親や児童福祉施設長らによる〝体罰〟を禁止したことが注目されている。
 じつは、民法には親(親権者)が子に〝懲戒〟を加えてもよいという「懲戒権」が定められている。

第820条(監護及び教育の権利義務)
親権を行う者は、子の利益のために子の監護及び教育をする権利を有し、義務を負う。

第822条(懲戒)
親権を行う者は、第820条の規定による監護及び教育に必要な範囲内でその子を懲戒することができる。

続きを読む

eheit

「選挙ヘイト」を許すな――公明党PTが政府に申し入れ

ライター
松田 明

(官房長官に申し入れする公明党PT-「公明ニュース」3月27日より)

選挙に名を借りたヘイト

 さる3月29日、〝平成最後〟の統一地方選挙の前半戦となる道府県議選、政令市議選が告示された(4月7日投票)。
 後半戦の市区長選、市区議選は14日の告示。町村長選、町村議選は16日の告示。いずれも4月21日の投票となる。
 これに先立つ3月26日、公明党が菅官房長官に対し、「選挙ヘイト」対策の徹底を申し入れた。 続きを読む

rogo

沖縄伝統空手のいま~世界に飛翔したカラテの源流
第31回 (特別編)座波心道流 日本本土に保存された知花系空手

ジャーナリスト
柳原滋雄

大阪で独自に保存された沖縄伝統空手

 日本本土にユニークな知花系流派が継承されている。座波心道流(正式名称は心道流心道会)と呼ばれ、本部は宮崎市にある。
 流祖となった座波仁吉(ざは・じんきち 1914-2009)はもともと那覇市の首里鳥堀町の出身で、鳥堀町、赤田町、崎山町は首里城の城下町として、泡盛製造を認可された酒蔵が集中し、それらを盗賊などから護るために空手の原型である手(ティー)が発達した地域として知られる。いわゆる首里手の本場の系譜である。 続きを読む