特集㊴ 池田会長を見る世界の目――各国に広がる池田研究

ライター
青山樹人

「ガンジー・キング・イケダ展」

 マーチン・ルーサー・キング・ジュニアの母校である米国モアハウス大学は、南北戦争の2年後に創立されたキリスト教系の名門大学である。
 2000年9月、キングの精神の継承と顕彰に生涯をささ捧げてきた、同大学キング国際チャペルのローレンス・E・カーター所長が来日。同大学としてSGI会長に「最高学識者」称号を贈った。

池田大作は、マハトマ・ガンジーとマーチン・ルーサー・キング・ジュニアが求めて戦ったすべてを、生きながらに体現する存在である。

 カーター所長は、こう高らかに宣言し、さらにモアハウス大学の「人権の闘士の殿堂」に掲げられることになったSGI会長夫妻の肖像画を紹介した。
 キングの精神を永遠に顕彰するその場所には、すでにネルソン・マンデラら世界の人権の闘士の肖像画が掲げられてきた。だが、池田SGI会長の肖像画は少しばかり異例なものだった。
 肖像画には、SGI会長と並んで夫人の姿がともに描かれ、創価学会の初代会長である牧口常三郎、2代会長である戸田城聖の2人が、夫妻の背後に描かれていた。
 それはモアハウス大学が、牧口・戸田・池田という創価学会の三代の指導者に貫かれた「師弟の道」を高く評価し、また夫の偉大な闘争を妻が支え続けてきたSGI会長夫妻の半世紀の道のりを、人類への献身の歴史と受けとめたからである。
 その後、同大学は「融和のためのガンジー研究所」などと協力して「ガンジー・キング・イケダ――平和建設の遺産展」を全米はじめ世界各地で開催している。
 南米パラグアイやニュージーランドでは、国会の議決を経て国会議事堂を会場に同展が開かれた。ドイツの首都ベルリンやアイスランドの首都レイキャビクでは、市庁舎で開催されている。
 各国はそれほどの熱意と敬意をもって、この展示を受け容れている。
 カーター氏は、2018年に『バプティスト牧師の仏法の師匠』(原題:『A Baptist Preacher’s Buddhist Teacher』)を米国のミドルウェイ・プレスから出版。同書は、キリスト教のもっともすぐれた書籍を選出するイルミネーション・ブック・アワードの「回想録」部門で、2019年の金賞に輝いた。
 邦訳は『牧師が語る仏法の師』とのタイトルで第三文明社から発刊されている。

 池田会長とSGIは、究極の宗教的な実用主義者(プラグマティスト)だと思います。老若男女を問わずあらゆる人に、信仰の教典と手段と組織を与えて、自身の成仏、組織的行動、平和運動への取り組みを可能にしているからです。このような非凡な精神性は、他のどの宗教団体でも見たことがありません。わが師キング牧師の非暴力哲学を、どうしたら永久に継承していけるのだろうかと絶望していた日々から私を救い出してくれたのは、池田会長と創価学会との交流でした。(同書より)

中国に広がる池田大作研究

 2006年3月、北京大学に隣接する資源ビルディングに創価大学の北京事務所がオープンした。外国の大学としては、ハーバード大学、東京大学に次いで、創価大学が3番目である。
 オープニングの式典には、中国外交部の楊振亜元駐日大使、中日友好協会の井頓泉常務副会長、元北京大学党委員会書記の王学珍主任が出席。また中国科学技術大学の朱清時学長、浙江大学の潘雲鶴学長、東北大学の赫冀成学長ら、9人の大学学長など44大学の関係者、各界を代表する200人ものそうそうたる顔ぶれが揃った。
 今日、中国では北京大学、復旦大学など約40の名門大学に「池田思想」の研究機関が公式に開設されている。学長自らが研究所長を兼務する大学もある。
 2014年10月には、日中間が〝国交正常化以来で最悪〟という厳しい状況下だったにもかかわらず、西安にある陝西師範大学を会場に第8回の「池田大作思想国際学術シンポジウム」が開催された。
 池田SGI会長の初訪中40周年を記念したもので、中国と諸外国の43大学・諸機関から107人の研究者らが出席。78本の論文が寄せられた。
 池田SGI会長とイギリスの歴史学者アーノルド・トインビー博士との対談集『二十一世紀への対話』は、中国でも1985年に『展望二十一世紀』として出版。当時の代表的なベストセラーとなっている。
 中国の学術界でこれほど池田研究が広がっている背景として、長年にわたって同書が読み継がれてきたことがある。名門・華中師範大学の元学長であり、中国近代史の泰斗として「史学大師」と尊称される章開沅博士も、85年に『展望二十一世紀』を読んだひとりだ。

心の底から深い共鳴を感じました。以来、私は池田会長をすごい人物であると深く尊敬しておりました。また池田会長の意見、考え方を論文のなかで何カ所も引用させていただきました。(『第三文明』2007年8月号)

 章博士はSGI会長と対談集『人間勝利の春秋』(日本語版は第三文明社)を刊行し、華中師範大学「池田大作研究所」の学術顧問に就いている。
 世界はこのように池田大作という人と、その思想と行動を見ているのだ。

※この記事は『最新版 世界広布新時代への飛翔』(青山樹人著/鳳書院)をベースに加筆修正したものです。

【創価学会創立90周年特集】 特集① 特集②  特集③ 特集④ 特集⑤ 特集⑥ 特集⑦ 特集⑧ 特集⑨ 特集⑩ 特集⑪ 特集⑫ 特集⑬ 特集⑭ 特集⑮ 特集⑯ 特集⑰ 特集⑱ 特集⑲ 特集⑳ 特集㉑ 特集㉒ 特集㉓ 特集㉔ 特集㉕ 特集㉖ 特集㉗ 特集㉘ 特集㉙ 特集㉚ 特集㉛ 特集㉜ 特集㉝ 特集㉞ 特集㉟ 特集㊱ 特集㊲ 特集㊳ 特集㊴ 特集㊵(シリーズ完)

scan-701

『最新版 宗教はだれのものか 世界広布新時代への飛翔』
青山樹人

価格 1000円+税/鳳書院/2015年10月7日発売
→Amazon
→セブンnet
 
 


あおやましげと●著書に『宗教はだれのものか』(2002年/鳳書院)、『新装改訂版 宗教はだれのものか』(2006年/鳳書店)、『最新版 宗教はだれのものか 世界広布新時代への飛翔』(2015年/鳳書店)など。WEB第三文明にコラム執筆多数。