特集㊱ 世界の諸大学での講演――求められたSGI会長の英知

ライター
青山樹人

仏教とイスラムを結ぶ対話

 池田SGI会長とイスラム世界との対話も本格的に加速した。
 1992年3月、ハーバード大学のヌール・ヤーマン教授がSGI会長のもとに来訪。トルコ出身の世界的な文化人類学者である。
 93年にはハーバード大学文化人類学部長として、SGI会長の2度目のハーバード講演「二十一世紀文明と大乗仏教」の開催にも尽力している。
 両者はその後も対話を重ね、2007年に対談集『今日の世界 明日の文明――新たな平和のシルクロード』(河出書房新社)が刊行された。その後、世界各国で英語版、中国語版、フランス語版、マレー語版も刊行されている。
 イラン出身のマジッド・テヘラニアン博士との初会見も92年。スパーク・マツナガ平和研究所所長などを歴任した、中東研究、平和学の大家でローマクラブ会員である。1996年に池田会長が創立者となって戸田記念国際平和研究所が設立されると、ムスリムであるテヘラニアン博士が初代所長に就任した。
 会長とテヘラニアン博士との8年におよぶ対談は、『二十一世紀への選択』(潮出版社)として2000年に刊行されている。
 また1992年には、SGI会長自身が中東を歴訪。トルコでは最高裁長官ら各界の来賓が列席するなか、最高学府アンカラ大学から名誉博士号を授与され、記念講演をおこなった。このときトルコは、国境をはさんだ地でのソ連崩壊と湾岸戦争勃発に揺れていた。トルコに希望と指標を与える講演は、大きな反響を呼んだ。
 2002年には、インドネシア共和国元大統領のアブドゥルラフマン・ワヒド氏も東京にSGI会長を訪ねている。世界最大のムスリム人口を抱えるインドネシア。イスラム学者であるワヒド元大統領は、その同国で最大のムスリム組織「ナフダトゥール・ウラマ」の指導者である。

私は、1980年頃から、池田博士のことを存じ上げていました。会長と歴史家トインビー博士との対談集『生への選択』を読んで以来、ぜひ語り合いたいと願ってきました。ついに、それが実現したのです。(『平和の哲学 寛容の智慧』)

 両者の対談は『平和の哲学 寛容の智慧 イスラムと仏教の語らい』(日本語版は潮出版社)として2010年に刊行されている。インドネシア語版は同国最大の出版社グラメディア・プスタカ・ウタマ社から刊行された。

広宣流布の闘士の殿堂

 牧口初代会長の逮捕・投獄から50年の節目にあたる1993年10月。創価大学を正面に臨む丘に東京牧口記念会館が落成した。
 軍国主義の弾圧を恐れ、日蓮正宗が宗祖の精神を投げ捨てた戦時下、正義を守り、信教の自由を貫いて狭い牢獄で生涯を閉じた初代会長。その「創価の父」を顕彰するため、SGI会長は壮麗な会館を捧げた。
 最初に訪れた賓客はナポレオン家当主夫人のプランセス・ナポレオン。会見場となった格調高いアンピール様式の会議室は「ナポレオンの間」と命名された。
 以来、ここには世界各国の王族、国家元首、ノーベル賞受賞者をはじめとする第一級の知性が引きも切らず来訪し、池田SGI会長の〝人間外交〟〝対話の戦い〟の舞台となった。
 東京牧口記念会館の正面の意匠は、コリント式の列柱が並ぶギリシャ様式である。仏教団体でありながら、いわゆる仏教寺院風ではなく人類の普遍的な美意識を採用していることに驚き、創価学会の普遍性を感じると語る諸外国の賓客も多い。
 SGI会長は、開館式で語った。

この会館は「広宣流布の闘士」のための殿堂である。「創価学会の闘士」をつくり、闘士が集うための城である。今、この会館は「牧口先生が如く」「戸田先生が如く」死身弘法で戦う人が集う場所である。この根本目的を開館式にあたり明確にしておきたい。(『聖教新聞』1993年10月25日)

 この東京牧口記念会館の来館者は、開館15年目の2008年には200万人を超えた。毎月のように本部幹部会など創価学会の主要行事がおこなわれ、国内外の同志が集ってきた。

新しい世界秩序を求めて

 それまでの冷戦構造が崩壊した1990年代以降、人類は新たな秩序を求めていた。世界の多極化とアイデンティティの揺らぎは、いたるところにナショナリズムや民族主義の不穏な火を放ちはじめていた。
 世界の指導者たちはSGI会長との対話を求めた。90年代の10年間に会見した国王、大統領、首相だけで40人に及ぶ。
 また世界各国の著名な学識者たちは競うようにSGI会長の著作を読み、各国を代表する最高峰の大学や学術機関が講演を要請した。90年代に実現した講演だけでも次のとおりである。

ブエノスアイレス大学(アルゼンチン/90年3月)
北京大学(中国/90年5月)
マカオ東亜大学(現・マカオ大学 返還前のマカオ/91年1月)
フィリピン大学(フィリピン/91年4月)
ハーバード大学(米国/91年9月)
香港中文大学(返還前の香港/92年1月)
ガンジー記念館(インド/92年2月)
アンカラ大学(トルコ/92年6月)
中国社会科学院(中国/92年10月)
クレアモント・マッケナ大学(米国/93年1月)
ブラジル文学アカデミー(ブラジル/93年2月)
ハーバード大学(93年9月)
深圳大学(中国/94年1月)
モスクワ大学(ロシア/94年5月)
ボローニャ大学(イタリア/94年6月)
ハワイ・東西センター(米国/95年1月)
アテネオ文化・学術協会(スペイン/95年6月)
トリブバン大学(ネパール/95年11月)
サイモン・ウィーゼンタール・センター(米国/96年6月)
コロンビア大学(米国/96年6月)
ハバナ大学(キューバ/96年6月)
ラジブ・ガンジー現代問題研究所(インド/97年10月)

※この記事は『最新版 世界広布新時代への飛翔』(青山樹人著/鳳書院)をベースに加筆修正したものです。

【創価学会創立90周年特集】 特集① 特集②  特集③ 特集④ 特集⑤ 特集⑥ 特集⑦ 特集⑧ 特集⑨ 特集⑩ 特集⑪ 特集⑫ 特集⑬ 特集⑭ 特集⑮ 特集⑯ 特集⑰ 特集⑱ 特集⑲ 特集⑳ 特集㉑ 特集㉒ 特集㉓ 特集㉔ 特集㉕ 特集㉖ 特集㉗ 特集㉘ 特集㉙ 特集㉚ 特集㉛ 特集㉜ 特集㉝ 特集㉞ 特集㉟ 特集㊱

scan-701

『最新版 宗教はだれのものか 世界広布新時代への飛翔』
青山樹人

価格 1000円+税/鳳書院/2015年10月7日発売
→Amazon
→セブンnet
 
 


あおやましげと●著書に『宗教はだれのものか』(2002年/鳳書院)、『新装改訂版 宗教はだれのものか』(2006年/鳳書店)、『最新版 宗教はだれのものか 世界広布新時代への飛翔』(2015年/鳳書店)など。WEB第三文明にコラム執筆多数。