牧口常三郎」タグアーカイブ

sokau

池田SGI会長70年の軌跡(下)――新しい世界を開くための教育

ライター
青山樹人

世界に広がる創価教育

 池田SGI会長が創価大学の設立構想を発表したのは、1964年6月30日のことだった。創価学会第3代会長就任からわずか4年。まだ会長が36歳の時である。
 そして40歳となった1968年には、創価一貫教育の第一歩となる創価中学・高校が第1回の入学式を迎える。3年後の71年には、創価大学が開学した。
 当時、日本も世界も「若者の反乱」の時代だった。国内には大学紛争の過激な嵐が吹き荒れていた。
 しかし、会長はこの教育の行き詰まりと混迷を、新たな教育の潮流を開く時代の表徴だと見ていた。 続きを読む

makiguchi

書評『評伝 牧口常三郎』――〝創価教育の父〟の実像に迫る

ライター
青山樹人

獄中に閉じた生涯

 生前に功成り名を遂げ、あるいは権勢を誇ったものの、没して時間を経るごとに世の記憶から消えていく人物というのは、実際あまりにも多い。
 反対に、ひそやかに生涯を終えながら、時代と共にその生きた軌跡と残された思想が燦然と輝きを帯び、世界に大きな影響を与えていく人間が、稀に存在する。
 牧口常三郎は、まぎれもなくそうした稀有な1人であろう。 続きを読む

soka-kyoikugaku

戦時下の「獄死」から70年。世界へ広がった牧口常三郎の理念

ライター
青山樹人

新渡戸稲造が序文を寄せる

 2014年11月18日――。メディアが安倍首相の衆議院解散発言に揺れていたこの日は、じつは創価学会(当時は創価教育学会)の初代会長・牧口常三郎の「獄死」から70年目にあたる日でもあった。 続きを読む